読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学アドミニストレーターを目指す大学職員のブログ

高等教育関連の話題が中心。最近は補助金やIR、SDの話題が中心です

大学教育改革フォーラム2015参加録①

3月7日(土)に開催された大学教育改革フォーラム in東海に参加してきました。

このフォーラムは、基調講演に始まり、各大学のポスターセッションやワークショップ、オーラルセッションが開催され、教学分野だけではなく大学に関わる人たちがどのようにしたら教育改革をできるかを様々な事例方向や意見交換がなさるのが特徴と思います。(職員に関するセッションも多いのは特徴であると思っています)

今回は、まず基調講演についての自分なりのメモを掲載します。
なお、全文を講演全文を載せているわけではなく、重要だと思った箇所について自分なりにまとめておりますのでご承知おき下さい。また当日の資料は、大学教育改革フォーラムのホームページに掲載されています。

大学教育改革フォーラム in東海2015
基調講演 「大学教育改革を進めるために必要なものとは」
               秦 敬治先生(追手門学院大学 副学長)

はじめに
・教育とは何であるかを学内でもう一度考える必要があると感じている。学内で教育とは何かを話した事はあるのだろうか。
・何を売りにして、各大学は教育を成し遂げるのだろうか。
 →「◯◯大学と言えば◯◯」例 学生の伸び率は日本一、第一就職希望先就職率日本一など。
・常に緊急かつ重要な事を常に取り組んでいるために、緊急ではない重要に取り組めているのか。
大学教育改革とは何か?
・大学教育改革は外からやらされるものなのか?
各大学には教育理念がある。(理念は常におっかけていくもの)理念がない所に改革はできない。
追手門学院大学にきて半年だが、半年でDPの前文作成に取り組んできた。
→DPだけをみて、◯◯大学の◯◯学部ということがわかるものになっているのか?取り敢えずDPを作って意味がない。
大学改革を進める上でIRがよく出てくるが、どうも数字に踊らされている、主観的、アンケートばっかりという印象であり、ジレンマを感じている。
教育成果を一番把握しているのは、現場の教職員や関わってくれる人達。現場で感じた学生が成長したという実感のエビデンスとするためがIRではないのだろうか。

大学教育改革のためのリーダーとリーダーシップ
愛媛大学の大学改革の推進主体は、現場の教員や教育コーディネーター、教育担当の管理職(例 教育担当副学長など)、教育企画室である。
・教育改革の騎手は誰か?学長や副学長など様々いるが、教育理念単位でリーダーが必要。
リーダーシップの継続性必要→継続性の担保には職員は不可欠。
高等教育センターは、学部と並べるのではなく、学長のブレーン組織として置く必要がある。横並びでは、他の学部に口を出せない。

大学教育改革と教員・職員・学生
愛媛大学では、教育コーディネーターを置いている。これはカリキュラム単位ごとに1名のコーディネーターがいて、研修も実施している。高等教育センターが、トップダウンしても改革は進まない。よって、各学科の改革の騎手役としてのコーディネーターである。
広島工業大学の全学教員FDワークショップ
 →経営陣と秦先生で話し合いを行い、現状認識を行った。次に学部長レベル、その次に全教員に説明会を行い、現状認識を行う。FDを進めるのに教員の特性を活用する。学部は学科はというと失敗するので、いかに学生に効果を与えるかをFDのポイントにする。
(例 授業を改革しましょうではなく、学生のためにどうしたらいいかを考える。)
また場所は、全教員が集まれる場所がベスト(他のとの比較やプロセスを参考にする)
追手門学院大学では、職員を学部長補佐やアサーティブ入試の面談、入学前教育の講師などを担っている。また学生は、学生FD、入学前教育講師、SAの活用をしている。SAのボランティアは、ファシリテーターや発表などの能力をプレゼントできる。
教育成果が上がるのであれば、教員だけではなく職員や学生も使うべき(能力のある人を使うべきである。)

追手門学院の執行部は毎日、顔を合わせる。まず、執行部がガチッとなるものがあるか?
副学長の横の連携は取れているのか?上が連携できていないのに、下は連携できない!

・周辺の私立大学と一緒にFDワークショップをしていて学生を主語にしているが、なかなか大学の改革にコミットできない。どうやって全教員に改革の意識付けを行えばいいか?
広島工業大学の時は、外の状況を見せた(補助金の採択率など)きちんとできている所を見せて、対比させた。またゴール地点を目指して、どれぐらいの労力が必要かを見せる作業が必要。
・管理職ではない職員は、どのように改革をしていったらよいか
→教育成果は、教育内容は3割程度であとは環境や様々な事がある。現場の職員でも、あまり努力
しなくても教育成果があがる事がある。その為の勉強はしているのか?(例えば、日本一の学ぶ図書館になっているかを考えていられるか)
・教育理念があっても、何故大学でバラバラになっているのか?
→学部の理念が大学の理念を入れる仕組みが必要。


大学教育改革は、執行部だけではなく、職員や学生もできる人がやるというのは、非常に共感しました。職員としても、事務作業だけを遂行するのではないですし、学生を教育改革に使うのはと躊躇するケースもあるかと思います。
しかし大学をどうするかをかんがえ、互いに成長できる仕組みや組織文化の醸成が重要となるのではと講演を聞いて感じています。
広告を非表示にする