読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学アドミニストレーターを目指す大学職員のブログ

高等教育関連の話題が中心。最近は補助金やIR、SDの話題が中心です

デスクワークと大学職員~健康の観点から~

雑感

だいぶ前ですが、ある教授が「ここの職員は入職して、数年すると(横に)大きくなっていく人が多いと思う」と言われたことがあります。

大学職員はデスクワークの事が多いですし、部署によってはほとんど建物から出ないという人もいます。私自身は営業からの転職でしたので、1日席に座って仕事をしていられるのだろうかと当時は不安になったものです。

 

さて先週、こんな記事がYahoo!ニュースに掲載されていました。

zasshi.news.yahoo.co.jp

 

この他のサイトや記事でも座りっぱなしは健康に良くないと何年も前から言われていますね。私自身も営業から大学職員になり、体重が増えた事があったのでそれ以来体重管理には気をつけています。

 

大学の場合は、学内に保健室などがあって、職員でも体重身長や血圧も測ることができますし、産業医の相談日もありますが、本学内を見ていると実績はほとんどないようです。

 

また学内にトレーニングジムやプールを備えている大学は学生だけでなく教職員も利用できる大学は少なくないようです。

<参考>

スポーツ振興センターからのお知らせ|大東スポーツ

【スポーツ教育センター】トレーニングセンターにようこそ!|駿河台大学

プールは、維持費がかなりかかる(中京大学スケートリンクはさらに維持費がかかる)為に規模が大きい大学でないと維持は難しいですがトレーニングルームを持っている大学はかなりありそうです。 

 

余談ではありますが、私自身は健康に留意して取組んでいることとして次の事は心がけています。

 ①通勤時は、往路は最寄り駅~大学までの数キロは歩く

②週に数回はジム等でトレーニングを行う。(スタジオにも良く出ていて、レスミルズというプログラムのボディパンプのフリークです)

www.lesmills-japan.jp

③自宅でも、入浴後は10分でもストレッチ及び時間があれば体幹トレーニングを行う。

ストレッチは、こんなクッションを使用しています。 

 ちょっと値段は張りますが、体がかたい人にはおすすめです。

また②は、通い続けているとジム内に友人ができる事もあります。大学は教職員や出入りの業者さんと会うことはあっても外部の人とは自分から学外に行かない限り少ないですので、職場も肩書きも関係ない友人というのは社会人になってから貴重だったりするのですよね。 

 

話はそれましたが、大学は企業と違って人件費率が高い業界でもあります。いわば、人によって成り立っている、人が資本であるとも言えます。特にデスクワークが多い職員や部署の方は気をつけておくべき事だと考えています。

 

本音は、学生からオジサンではなく、まだまだお兄さんと思われたいという事もありますが…。

広告を非表示にする