大学アドミニストレーターを目指す大学職員のブログ

高等教育関連の話題が中心。最近は補助金やIR、SDの話題が中心です

Evernote(エバーノート)を業務と勉強に活かす

 以前、私のスマートフォンのアプリでよく使うものを紹介した事があります。

as-daigaku23.hateblo.jp

 紹介は昨年4月でしたので、よく使用しているアプリは変わったのがありますが、変わらずに使い続けているのは「Evernote」ですね。

evernote.com

もともとは仕事柄、たくさんの資料を取り扱っていて、個人の棚も圧迫するようになったのでどうにかしようと使い始めたのがきっかけです。最初は資料はファイルに綴じて、目次をつけて、何のファイルに何の資料があるかを整理していたのですがふと思ったのは

①今は個人のキャビネットがあるけど、異動したら通常は個人のキャビネットなんてない

②個人ロッカーに入る量ではない

③必要な時に探すのが面倒だし、外出先や自宅で作業する際が不便

 

最初は、無料版を使っていて、WEb上で見つけた資料を放り入れていました。ただ無料版は月に60MBまでしかデータを入れられないので、数ヶ月使ってから有料会員(プレミアム)を試しに使ってみました。

今は機能比較を見ると、プレミアムは月に10GBまで容量があるみたいですね。

evernote.com

最近は資料をガシガシ放り込めるのでいいのですが、機能「Office 文書や各種ファイルの中まで検索」は、PDFファイルや画像ファイルまで検索できるので、関連資料なども非常に探しやすいです。資料は、Googleロームにアドオンを追加すると、ボタン1つでPDFやWEB画面をキャプチャして、エバーノートに放り込むこともできます。(Office365では、メール(添付ファイルを含む)をエバーノートにいれるアドオンもあり、これは非常に便利です)

またスマートフォンのアプリを使用して名刺を取り込むと、氏名、メール、電話、FAX、住所を読み取り文字情報にしてもらえます。これ、外出時は非常に便利です。

 

資料整理と名刺整理ができたら、年4000円は個人的には高くはないのですがどうでしょうか?

 

広告を非表示にする