大学アドミニストレーターを目指す大学職員のブログ

高等教育関連の話題が中心。最近は補助金やIR、SDの話題が中心です。

【コラム】他者の自己啓発に干渉したがる人達

 自分は業務以外の時間は個人の自由であるし、人によって様々であると思っています。同様に、自己啓発についても「取組むか、取組まないか」は自由であるし、何をするかも自由であると思います。

 自分はブログも自身の考えや学びのメモのツールですので、自己啓発の一部ではありますが、自己啓発に関していくつか疑問に思う点があります。

自己啓発は、業務の向上の為に行わなければならない。

○「~~に取組む事はすべきではないよ」と、ありがたい言葉を頂戴する。

○そんな暇があっていいよね。暇なら仕事できるでしょ?

○自分たちで業務時間外に自主的な勉強会をやろうとすると、横から「~の内容をしなさい!」と指導を受ける。

○個人に資するものは許されない。

○本来は自己のキャリアを実現するためなのに、所属機関でのキャリアを実現するためのものと思われている。

 まだありますが、とりあえずはこんなもので。ここにいくつか共通するのは、個人の(プライベートを主とした)時間の使い方や価値観に踏み込んでくるものが多いのではと思っています。

そもそも自己啓発は、人によって様々な目的や価値観がある訳です。例えば下記の図は少し目的を分解してみたものです。f:id:as-daigaku23:20170710114758p:plain

人によって分解するとどういうキーワードが出てくるかは違うと思いますが、この比率も違います。

f:id:as-daigaku23:20170710114939p:plain

 例えば個人が大きいケースもあれば、組織のために、昇進昇格のためにするケースもあり、価値観や判断基準は人それぞれであるわけです。ただ人によっては組織志向が強い人(例えば上の役職)が個人志向に強い人(例えば部下)に対して、人の自己啓発にあるべき論をする場合があります。

 しかし、その人のキャリアに責任を持てるのであればともかく、この時代では、同じ職場に定年まで勤め上げるかどうかは分からない時代です。周りからの意見は、全て切り捨てろとは言いませんが、参考にしながらも、自身が責任を持ってやっていくしかないのではと思っています。(まあ自分のお金や時間を使った学びや経験の成果は、自己に活かそうが、業務に活かそうが、自身の責任であり、言われる事は横に積んでおけばいいのではと思います)